新着情報|テックフォーエレメンタリー

Tech for elementary

お知らせ

「プログラミングで算数を学ぶ」教材を公開

2018-01-09

 

「プログラミングで算数を学ぶ」ための教材を無償公開

~「ScratchMaths」を翻訳し、Tech for elementary.schoolで公開~

 

株式会社エクシード(本社:東京都足立区、代表取締役:尾市守)は、UCL(University College London)が提供しているプログラミングで算数を学ぶための教材「ScratchMaths」を日本語訳し、運営する小学校向けプログラミング教育サイト「Tech for elementary.school(http://www.tfe.school/)」において無償公開を開始したことをお知らせいたします。

 

弊社は映像授業をベースとしたプログラミング教室「Tech for elementary(以下TFE)」をFC展開し、事業開始約1年半が経過した現在、全国で150以上の教室を開講しています。そして昨年10月、近隣の加盟教室の講師を小学校に派遣し、教員の研修を行うことを試みる「Tech for elementary.school(以下TFEDS)」を開設しました。

 

これまでTFEDSではTFEで使用している教材を活用し、小学校向けにサービスを提供していました。しかしながら、学習指導要領に定められている「教科等における学習上の必要性や学習内容と関連付けながら計画的かつ無理なく確実に実施されるものであることに留意する必要がある」を満たすためには、教科と関連付けられた教材を開発する必要がありました。

 

これに対してTFEでは「教科に関連付けた教材を開発するにはコストや不確実性が高すぎる」と考え見送ってきましたが、「ScratchMaths」のように、既に海外で高い評価を得ている教材の翻訳という形であれば取り組みやすく、また、小学校におけるプログラミング教育導入のきっかけづくりにもなるのではないか、という結論にたどりつきました。

 

今回日本語訳したファイルは、全6モジュールのうちの1モジュール分のうち、翻訳可能になっているファイルになります(対象のモジュールに関する解説や、元ファイルのダウンロード等は下記URLを参照)

http://www.ucl.ac.uk/ioe/research/projects/ScratchMathss/curriculum-materials/module-1-tiling-patterns

内容は「Scratch2.0の『繰り返し』『スタンプ』を使って幾何学模様を描く」もので、対象年齢は10歳前後以上を想定しています。また、コンテンツは右記URLからダウンロードが可能です。http://www.tfe.school/#_7  なお、当コンテンツはクリエイティブコモンズライセンスに則った形でご利用ください。

 

TFEでは、今後も全国の小学校におけるプログラミング教育の実践をサポートし、「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションと「プログラミング教育における地域格差を解消する」というビジョンの達成を目指します。

 

少しでも私たちのミッションとビジョンに共感し、一緒にプログラミング教育の実践をしたい学校関係者の方は、お気軽に下記からお問合せ下さい。

 

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

E-mail:info@tfe.asia 特設サイト:http://www.tfe.school/

ページトップへ