新着情報|テックフォーエレメンタリー

Tech for elementary

お知らせ

教育メディア「プロママ」を公開

2018-05-01

母親の為のプログラミング教育メディア「プロママ」を公開

Tech for elementaryで培ったプログラミング教育の知見をオウンドメディアで共有~

 

株式会社エクシード(本社:東京都足立区、代表取締役:尾市守)は、母親がプログラミング教育やプログラミング教室について「知りたい」と思った時に、「役に立つ情報を提供」できることを目指したサイト「プロママ( http://promama.jp/ )」を5月1日より公開したことをお知らせいたします。

 

弊社は「Tech for elementary(以下TFE)」というブランドで、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開しており、事業開始後約2年現在、全国で200校以上の教室を開講しています。加盟者は学習塾/パソコン教室/英会話教室/ロボット教室のような既存教室だけではなく、主婦や高齢者、フリーのエンジニアが自宅で開講するケースなどもあります。

 

これまでTFEでは、教室に関する運営ノウハウについて、FacebookグループやFAQ・Tips・マニュアルといった形にまとめて共有してきました。その中で最もニーズの高い情報の一つが「保護者、特に母親に対して、どのようにプログラミング教育や、プログラミング教室に通わせる必要性について説明すればよいのか」というものでした。

 

この声に対しては、これまで本部からだけでなく加盟者からも様々な意見が出されており、プログラミング教育の普及における母親の啓蒙の大切さを感じていました。一方で、加盟者の属性として、母親自身が開講し成功するケースが増えてきており、母親ならではのネットワークや情報発信力・子供への対応力・教育への想いを改めて感じていました。そこで、今回これまで培ったプログラミング教育に関する知見を広く共有することで、プログラミング教育に興味を持つ母親を増やすことができるのではと考え、プロママの公開に至りました。

 

プロママでは「ママのためのプログラミングマガジン」をコンセプトに、「子供をプログラミング教室に通わせるかどうか迷っている」「自分でプログラミング教室を開いてみたいがどうすればいいかわからない」といったことをママを考えたときに、不安を取り除いたり、希望を叶えることができるようなサイト作りを目指しています。また、実際のサイトの運営(TFE本部スタッフ・加盟者・フリーランサー等で構成)も、全て母親の手によって行われています。

 

弊社では今後も、プログラミング教育における女性、特に母親の役割を重要視し、一人でも多くの母親がプログラミング教育に関わっていく為のサポートを行っていく予定です。そのことによって「一人でも多くの子ども達にプログラミングの機会を提供する」「プログラミング教育における地域格差を解消する」というTFEのミッション・ビジョンの達成を目指したいと思います。

 

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

問い合わせフォーム:http://www.exseed-inc.jp/

ページトップへ