新着情報|テックフォーエレメンタリー

Tech for elementary

お知らせ

「ものづくりプログラミングコース」をリリース

2019-05-29

東京学芸大こども未来研究所が開発のSTEMコースをリリース

~科学/技術/工学/算数/プログラミングを総合的に学ぶ講座を提供~

 

株式会社エクシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾市守、以下弊社)は、特定非営利活動法人 東京学芸大こども未来研究所(本社:東京都小金井市、理事長:鉃矢悦朗、以下こども未来研究所)とともに、STEM教育を推進する講座「ものづくりプログラミングコース」をリリースしたことをお知らせいたします。

 

弊社は「Tech for elementary(以下TFE)」というブランドで、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開しています。事業開始3年が経過した現在、全国でのべ300以上の教室を開講しており、加盟者は学習塾/パソコン教室/英会話教室/主婦や高齢者と多岐にわたっています。

 

これまでTFEでは、Scratch等のプログラミングだけでなく、ロボットやドローンの制御、3Dプリンタを使った工作、動画制作等のSTEM教育を意識したコース展開をしてきました。しかしながら、科学の法則性や物理的なものづくり等を学ぶコースは提供しておらず、厳密にはSTEM教育のコンテンツとして不足がありました。

 

一方で、こども未来研究所では、東京学芸大学の教育ノウハウを活用し、様々な形でSTEM教育を推進し、その成果を地域に還元してきました。そして、今後はより広く社会に還元をしていく為、プログラミング教室等への提供・展開を検討しており、今回の共同開発に至りました。

 

本講座では、台湾の教育ブロックメーカーGigoを使用し、サイエンスとプログラミングの2つのコースを提供します。例えば、サイエンスでは水力発電を、プログラミングでは信号機をGigoブロックで制作したりしながら、発電の仕組みやプログラミングのアルゴリズムについて学んでいきます。

 

各コース全10テーマ(1テーマ平均2回の授業)の計42コマ前後の授業ボリュームとなっており、全テーマに指導案、ワークシート、授業資料、手順書等が用意されており、授業や学習を補助してくれます。本講座および教具は、弊社が6月に出展する教育ITソリューションEXPOにて展示いたしますので、ご興味がある教育関係者様は是非ご来場ください。

 

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

E-mail:info@tfe.asia Webサイト:http://www.tfe.tokyo

ページトップへ