新着情報|テックフォーエレメンタリー

Tech for elementary

お知らせ

コードプログラミングに特化した新プラン

2020-02-06

 

Scratchの次!コードプログラミングに特化した新プランを提供

~キッズプログラミング教室向けに特化したTech for elementaryの新しい加盟プランを発表

 

株式会社エクシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾市守)は、「Tech for elementary(以下TFE)」が提供しているコードプログラミング(Ruby、アプリ、Unity)とマインクラフト(Minecraft Computer Craft Edu)の教材を利用できる新しい加盟プランを提供し始めたことをお知らせいたします。

 

TFEは「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションのもと、映像授業をベースとしたプログラミング教室を全国にFC展開しております。事業開始後3年が経過しましたが、日本全国でのべ380以上の教室・5000人以上の子供たちにご参加頂いています。

 

これまでTFEでは、子供向けのビジュアルプログラミング言語で事実上の世界標準である「Scratch」の教材をメインとして展開してきており、加盟教室のほとんどは、初めてプログラミング教室を開講する方々でした。しかし近年は既にプログラミング教室を運営し、Scratchの講座を開講済みの方々からの問い合わせが増えており、「Scratchの次として、コードプログラミングの教材が欲しい」という声が寄せられてきていました。

 

これらに対してこれまでTFEでは、Scratchその他の教材も全て利用できる「ベーシックプラン」のみでコードプログラミングの教材を提供してきました。しかし、プログラミング教育全体を盛り上げるという観点から、コードプログラミングの教材を切り出し、「コードプラン」としてリリースすることとなりました。対象となるコースは、Ruby、アプリ、Unityに加え、集客力のあるマインクラフトとなっています(ベーシックプランより格安で導入することが可能です)。

 

<コードプラン対象コース>

Ruby:http://ur2.link/TZ7b

アプリ:http://ur2.link/w9HL

Unity:http://ur2.link/Vu8S

マインクラフト:http://ur2.link/ESVk

 

※通学期間は上記合計で約2年間(月2回程度通学する前提)

※Unityコースのリリースは2020年4月以降となります

 

なお、現時点では「ベーシック(全ての教材を利用可能)」「エントリー(Scratchが主)」「コード(今回のプラン)」3つが加盟プランとなっていますが、今後はロボットに特化した「ロボット」や、イラストや動画コースに特化した「アート」などのプランを新設していく予定です。

 

ご興味がある方は、是非下記のURLから資料請求または説明会にご参加ください!

 

資料請求:http://www.tfe.tokyo/fc

説明会:http://www.tfe.tokyo/2019/02/1538

 

 

 

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

E-mail:info@tfe.asia サイト:http://www.tfe.tokyo/

ページトップへ