サイトへ戻る

 プログラミン検定全国最年少合格者の現在

· 生徒インタビュー

北海道帯広市の知恵の実に通う、野村一護(のむらいちご)さんと、お母様にお話を伺いました。

 

参加者

野村一護さん 以下:「一」

一護さんお母様 以下:「母」

・講師 笹谷さん 以下:「笹」

 

Q1:自己紹介をお願いします 

一:

・名前   野村一護(のむらいちご)

・年齢   11歳

・学年   小学校6年生

・在住地   北海道帯広市

 

Q2:好きなことは何ですか? 

一:

・学校の科目   算数

・遊び      ゲーム

・食べ物など   ラザニア、豚の生姜焼き

 

 

Q3:家ではどのような感じのお子様ですか? 

母: 声を出したり踊ったり元気よく過ごしています。

基本は明るい性格ですが、真面目なので時折悩んだりもしています。

 

Q4:プログラミング教室には、いつから、どのくらい通っていますか? 

笹 :2018年~通って頂いています。

 

Q5:なぜ教室に通おうと思いましたか?

一: お父さんに勧められたから

 

Q6:なぜ教室に通わせようと思いましたか?

母:これからの必須能力と思ったのと、本人向きと判断したため

 

Q7: 今教室に通っていてどういうところが面白い、楽しいですか? 

一: 新しいスキルを勉強できるところとカプリコをもらえるところ。

 

Q8: 今教室に通っていてどういう印象を受けていますか?通う前と変わったところはありますか? 

母: 他の習い事と比べると楽しそうに行っています。 変化は特にありません。

 

Q9: 教室ではどんな感じですか?性格、特徴などについて教えてください 

笹:4年前と比べると、すっかり大人になり自分の意見をはっきり伝えてくれます。

間違った問題も、根気よく取り組む姿勢は他生徒の模範となります。

その反面、レッスン後に渡すお菓子のカプリコに喜ぶ姿はまだまだ可愛いなあと思います笑

 

Q10:今学習しているツール・言語はなんですか? 

一:Unity、C♯、Excel

Q11: レッスンはどうですか?自由制作はしていますか? 

一:普通に楽しい。 家での勉強時間に作っています

 

Q12: 授業や自由制作の時間はどういう様子ですか?取り組む姿勢などについて教えてください 

笹:いつも感じることなのですが、「出来ないかも」と不安を覗かせるのに結果しっかり出来ているのです。集中力がある生徒だと思います。そして、関連付けが出来るので習ったことを活用し工夫する姿勢が素晴らしいと思います。

 

Q13:検定やコンテストの予定はありますか?合格や受賞などしましたか? 

一:現在はMos Excel expert受験予定です。

 

Q14:受験・参加した時の様子、その時の生徒のレベル感、教室でサポートした内容について教えてください。 

笹:一護君は問題解決力があるので、どんなにその時の点数が悪かったりうまくいかなくても、必ず目標に到達するイメージを伝えます。それは一護君のポテンシャルの高さを信じているからです。

他生徒にも言えますが、本人が気付けていない才能を伸ばしてあげられる指導をしています。

 

Q15: 今後どういうことに取り組んでいきたいですか? 

一: Unityでゲーム作成して大会に出たい

 

Q16: 教室に通わせて良かったことはなんですか? 

母: 本人にとって数少ない環境を提供してもらっている点、学校の先生では対応頂けない助言などをいただける点

 

Q17: 将来の夢はなんですか?今後教室に通う(あるいは受験・参加する)生徒にメッセージを

一: ゲームクリエイター

「難しいかもしれないけど、まずはやってみてください。」

 

Q18:教室に通わせることを考えている保護者にメッセージを

母:「先生がいるので自分自身がわかっている必要はありません。他の習い事と一緒で結局は本人が好きになるか相性が合うのかです。まずは気軽に体験してみる事をお勧めします。」

 

Q19: 今後どういう教室を目指していきたいか(保護者・生徒の方にメッセージを) 

笹:教室内に、一護君がプログラミン検定全国最年少合格の記事を掲示しています。

親御さん、他生徒や体験に来る子たちは、「すごーい」「こんな子が帯広にいるんだあ」と必ず反応します。

そんな光景を見ていると、目標やこうなりたいという想いを是非、持ってほしいし誰にでも可能性があることを知って欲しいと感じます。

当教室は、幼稚園~60代の生徒が出入りします。

年齢等、関係なく生徒さんの「やりたい」「やってみたい」を応援出来る教室でありたいです。

その関わりが、自分の経験値として返ってきますしそれがまた違う子に派生して良い科学反応を生み出します。

自分も一緒に楽しめる(親御さんに怒られるかな…)、そして色々な人を巻き込んで年代性別学年の垣根のない教室にしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK